手術以外の中絶方法|中絶手術にかかる費用│中絶をする時に気を付けなければいけないこと
聴診器

中絶手術にかかる費用│中絶をする時に気を付けなければいけないこと

手術以外の中絶方法

悩むウーマン

一般的に中絶をする時は東京にあるしっかりした病院や自分の家から近い病院に通うことでしょう。ところが病院で手術を受けないで中絶させるための薬も世の中には存在します。妊娠7週間以内に服用し妊娠を中断させることを目的に作られた中絶薬は、海外で作られ日本以外の先進国で使用を許可されている国がいくつかあります。中絶薬は日本で使用が禁止されているのですが、その理由は医学的な問題などではなく、倫理的、文化的な部分で問題視され薬事法で販売と譲渡などが禁止となっています。中絶薬の販売なども問題になりますが、胎児をおろすのに関して他にも法に触れてしまい問題になることがあります。その問題というのは医師の許しをもらわずに胎児をおろすことです。
東京にある病院などで医師の許しをもらわずに胎児をおろすと堕胎罪という犯罪をおかすことになるので注意してください。日本では医師が胎児をおろす薬を処方してくれるのですが、その薬を使用するにはいくつか条件があります。例えば子宮内に避妊具を使用した人やステロイド治療を受けた人などです。他にもいくつか条件があるのですが、それは東京の病院へ行った際に医師の口から直接聞いた方が間違うこともないでしょう。胎児をおろすための薬は、妊娠した時に必要になるホルモンの機能を阻害することで妊娠を中断させる作用があり、この胎児をおろすためにつくられた薬を使用した時の成功確率はなんと90%といわれています。諸事情により胎児をおろさなければいけないと考える女性もいるでしょう。どうしてもおろしたい場合は、東京にある病院で、医師に中絶薬を処方してもらえる条件に当てはまるかどうかをしっかり確認し、できるなら薬を処方してもらいましょう。できない場合は素直に人工妊娠中絶を受けましょう。