中絶を決断|中絶手術にかかる費用│中絶をする時に気を付けなければいけないこと
聴診器

中絶手術にかかる費用│中絶をする時に気を付けなければいけないこと

中絶を決断

病院

若くして妊娠してしまい、今後子どもを育てていけるほどの経済力がなく、やむを得ず大阪の病院で中絶を決意する方もいるかと思います。避妊が一般的なものではなかった頃の日本は富国強兵というスローガンを掲げ、中絶を禁止する法律を作りました。それ以降の江戸時代、遊郭ではごく当たり前に中絶をしていました。堕胎専門医の手によって様々な方法で中絶させていたようです。海外では水銀を飲んで中絶を図ったり、蒸気を吸い込んだりして妊娠中絶をしようと試みた人もいます。ですが、水銀の摂取量を間違えて亡くなった人もおり、何とか一命をとりとめたとしても、後遺症に苦しんだ人も少なくなかったようです。母体の安全を考えないような妊娠中絶の方法は取るべきではないといえます。近年では医療のレベルも発達し、大阪の病院ではちゃんとした人口妊娠中絶をすることができます。中絶をする期限は決められており、法的に可能なのは21週と6日と母体保護法により決まっています。その期間が過ぎてから、人口妊娠中絶をした場合は法律に触れる可能性が高いのでしっかり法律を守っている病院を選びましょう。
大阪の病院で母体に負担をかけずに中絶する場合は妊娠6週目~9週目までにするとよいでしょう。妊娠をした可能性、心当たりがある場合は早めに妊娠検査薬を近くのドラッグストアなどで購入して確かめるようにしましょう。大阪の病院で中絶を考えている場合、妊娠した事実を知るのは早ければ早いほど、母体にとっては良いです。今度はしっかりと人生設計をし、同じことを繰り返さないように気を付けていきましょう。