女医

中絶手術にかかる費用│中絶をする時に気を付けなければいけないこと

医者

スタッフもすべて女性

東京にあるクリニックでは医師やスタッフがすべて女性なので女性にとって通院しやすい環境になっています。中絶をする場合は無痛手術があるところを選ぶと精神的にも気が楽になるでしょう。

手術費用

カウンセリング

あまり経済力のない20代前後の女性にとって、中絶手術をする時の費用は重要なポイントになります。中絶手術でかかる費用は保険が適用されないので高額になります。中絶手術をしてくれるクリニックによってもかかる費用に差があるのでしっかりチェックしておきたいところです。12週未満の妊娠初期にかかる中絶費用は、8~15万円程です。例としてあるクリニックの費用を紹介したいと思います。まず8週目頃は約126000円、10週目は約160000円、12週目になると約190000円と高額になってきます。ちなみに12週目の手術は体にかかる負担が大きくなってくる時期なので、早ければ早い程値段も安く、体の負担も少なく済ませることができるでしょう。
また大きな病院以外でもレディースクリニックなどの専門の病院だと、費用の相談もできるので医師とちゃんと話をしてみましょう。引き続き費用についての話になるのですが、上記で参考例として紹介した費用で、12週以降の中絶手術が約190000円と書かれています。12週目以降の中絶手術を受けた金額の他、入院もしなければいけないのでおよそ300000円~500000円くらいの金額が必要になってきます。手術代とは別に死亡届の作成費や火葬の料金など様々な費用がかかってくるのでどうしても中絶したい場合は11週目までには決断することをおすすめします。すでに12週目を超えてしまっている場合は母体にも悪影響が考えられるため、パートナーとよく相談しながら慎重に検討することです。

病院

中絶を決断

大阪の病院で妊娠中絶を行う場合は妊娠して6週目~9週目がベストです。6週目~9週目に中絶をする場合は、母体に対してかかる負担が少なくて済むので忘れずに覚えておきましょう。

悩むウーマン

手術以外の中絶方法

中絶をする際には人工妊娠中絶手術を受ける必要がありますが、東京にある病院などでは中絶薬の使用条件が満たされていれば、医師に処方箋をだしてもらうことができるので医師にしっかり相談し、確認しましょう。